バランサーを始めとする日本のテクノロジー|高い精密性

作業員

技術を解明するサービス

ゼンマイ

開発済みの商品の仕様を解明するリバースエンジニアリング技術は、将来的に重要な役割を担うと予測されています。しかし高度な設備とスタッフが不可欠であるため、リバースエンジニアリングを実施する時は外注するのが常套手段です。

テレビの中はどうなってる

基板

テレビの中のプリント基板は数多くの電子部品を実装しています。そして機器の小型化や高性能化に貢献しています。電子部品の実装されたプリント基板は機器の心臓部となっているのです。プリント基板はテレビなど電子機器にとってなくてはならないものとなっているのです。

レーザー測定で防犯

ヘルメット

レーザーバリアはレーザースキャンの原理で開発されたレーザー測定システムの事です。接触防止システムで防犯機能や特定エリアの監視に使用されます。目視での監視に比べて制度が高いため、工事現場などで使用されています。

重い荷物も楽々移動

女性作業員

連続作業に便利なタイプ

バランサーの種類にはアームを活用して、重量物を楽々移動させる事ができるタイプのバランサーもあります。工場などのライン生産設備などに活用されているバランサーはこのタイプが主流で、ロボットによる流れ作業を行う事ができないような精密性が求められる作業などに活用されるバランサーです。このタイプのバランサーもコンプレッサーエアーによる圧縮空気によるアーム稼働を行っています。そのため、ほかのバランサー機器と一緒で消費電力を抑えつつ、生産性を高める事ができる機器として工場や輸送拠点などにおいて活用されている機器です。機器の導入によって従業員の身体的な負担を軽減する事ができるほか、人力のみでの作業と比較して大きく生産性を高めることができます。アームに固定させた重量物も無重力状態のように軽々と上下左右に自由に移動させる事ができます。

搬送にも活用可能

アーム部に送られている圧縮空気によるエネルギーのサポートにより、重量物を持ち上げたり移動させたりするスムーズな動作が可能になります。これによって自動車のドア部品やタイヤなど、重量のある重い部品をスピーディーに移動させる事ができるほか、組み付けなどの細かい精密な作業まで手作業によって行う事ができます。どんな重量物でも、バランサーの対応荷重範囲であれば楽々と持ち上げ移動させる事が可能になります。バランサーが対応している荷重範囲は、その機器にもよりますが、一例としては百数十キロ程度の荷物でも余裕を持って対応できるものもあります。移動させる荷物の大きさや重量など、稼働条件によって対応した適切な機器を選び稼働させる事が、機器を活用した生産性を向上させるためのポイントと言えるでしょう。